賃貸での修理費用は

賃貸の修繕費の負担者は

トップ / 賃貸の修繕費の負担者は

賃貸の更新料の情報

賃貸の修繕費について

賃貸借契約に関して、その借人が住んでいる部屋などが、雨漏りなどの状態になれば、その部屋の修繕をする必要がありますが、それを借人が行って、そしてその部屋の修繕に関して要した費用は誰の負担になるのでしょうか。この点について、賃借人は、貸人に対して、その部屋に関して生じた必要費を直ちに請求することができるとされていますので、雨漏りなど、その部屋に住むために、普通に生活できるように修繕することが必要かつ不可欠なものに対して支出した修繕費用については、必要費といえるために、賃借人は、直ちに請求することができると解釈されます。

家の修繕費は馬鹿にならない

賃貸物件借りる位なら、中古住宅購入した方が自分の物になるからお得!なんて思っていませんか?そんな人はもう一度よく検討してみて下さい。メリットもあるけど、リスクも多いんですよ。リフォーム済みとは云うものの表面的な事が多く、入居して暮らしてみたら次々と修理必要なところが出てきて、修繕費がかかるかかる・・こんな筈ではなかったと思っても後のまつりです。こんな事なら賃貸の方がずっと気楽だった、大家が修理してくれるから・・なんて良く聞く話です。これから払い続けていく固定資産税も結構大きい負担です。ローンを組む場合は金利の計算もしてみて下さい。不動産屋さんもその辺の処を説明してくれる、やみくもに購入を勧めない所は逆に良心的かもしれません。本当に信頼できる不動産屋さんによく相談して、慎重に決めて下さいね。

© Copyright 賃貸の更新料について. All rights reserved.