賃貸契約の際の審査

賃貸借には審査が必要

トップ / 賃貸借には審査が必要

賃貸の更新料の情報

賃貸契約で審査されること

マンションやアパートなどを借りるときには賃貸契約を結ぶ必要がありますが、その際には必ず入居者を審査します。内容は大家や管理会社によって異なりますが、家賃を支払う能力があるか、連帯保証人との続柄などをチェックしています。住宅の家賃の支払い能力については、会社員などの職業で安定した収入あるかどうかが重視されます。無職やフリーランスで働いている人には厳しくなってしまいますが、現在は無職でも求職中で採用される見込みのある人は賃貸契約を結ぶ際の審査に通ります。連帯保証人との続柄は、自分と血縁関係が近いほど問題になることは少ないので、親か兄弟姉妹に頼むのが良いでしょう。

申込後の貸主による審査

賃貸マンションを借りるには気に入った物件が見つかったからと言ってすぐに契約できるわけではありません。申込を行なったあと、貸主による入居審査というものがあります。厳格なものではなく、普通の方が普通に生活していれば何ら問題なく通過するものですが、賃貸マンションであれば、ほぼ例外なくこの貸主による入居審査が行なわれます。収入に比べて賃料があまりに高いなど、不相応な契約となる場合は不承認という結果もあり得ます。そして不承認の結果の場合、通常如何なる場合であってもその理由は開示されません。ローンの返済等も滞納がないよう日ごろから信用される生活をしておく事も大切です。

© Copyright 賃貸の更新料について. All rights reserved.